ニキビの基礎知識

頬ニキビができやすい

ニキビにもいろいろあり、よくできるのが頬にできる頬ニキビです。
頬や比較的にニキビの炎症が大きくなりやすい個所になりますので、どうしても大きく目立ってしまうことでしょう。
頬ニキビはたった1つ発生することはめったになく、大きさもバラバラです。
1つニキビを発見したら、他の場所にも数個のニキビが発生すると思ってもいいと思います。
頬にニキビが多く発生すると、まるでやけどをしたかのような肌になってしまいます。
せっかくキレイな顔立ちであっても、ニキビのせいでだいなしになってしまうのでイヤですよね。
ニキビができやすい・できにくいは人によってあるかと思いますが、できやすいひとは、全身のいたるところにニキビができやすくなっているかと思います。
大人になったらニキビはできにくいなんて言われますが、そうではないですよね。
「吹き出物」と呼ばれるのが大人のニキビであり、ものの本質は何も変わってはいないのです。
頬にできるニキビは、赤ニキビで、特に皮脂の分泌が多いところではにきびの発生率が高くなります。
赤にきびができる理由は、アクネ菌により皮膚が炎症を起こしているためです。
炎症を起こしたら赤ニキビですが、炎症を起こす前に、白ニキビや黒ニキビなども発生する場合がありますので観察してみるといいでしょう。
白にきびは、にきびの口の部分が閉じているもので、反対に黒にきびは口の部分が開いているものを指します。

 

Page top